PayPal Registration

忙しくてPayPalの登録が面倒という方、登録代行いたします!

ショッピングサイトを作ると、お客さまの購買意欲を損なわないために、クレジットカード決済を導入したいのではないでしょうか。
日本のクレジットカード決済代行業者は高い手数料というイメージがありましたが、最近では手数料無料の決済代行サービスも増えてきました。中でも古くから信頼があり、ポップトゥーンスタジオでも10年前から利用しているPayPal(ペイパル)の登録代行サービスを始めました。

登録は他の決済代行会社に比べると比較的簡単なPayPalですが、本人確認書類を送るなどの手間と審査があったり、時間のない方やパソコンに不慣れな方には面倒な作業です。そこで、必要な資料を用意していただければ面倒な登録作業をお安く代行いたします。

PayPalのメリット、デメリット

アメリカに本社を置くPayPalは、10年前は日本語対応ではありませんでした。今では様々なサービスを追加し、不要なものを省いてシンプルになり、利用しやすくなってデメリットも少なくなりました。しかし、未だに日本のサポートは万全ではありません。それは当然で、日本の会社ではないからです。日本語での日本人が納得する万全のサポートが必要であれば、高い手数料を払って日本の決済代行業者へ頼みましょう。
PayPalでは2016年現在、203の国と26の通貨に対応しています。当スタジオでは韓国向けECサイトを手がけましたが、韓国ウォンへの自動変換が行われませんでした。決済は米ドルでの換算となります。
何年か前に、ネパールの業者と取引した際、PayPalによって料金の支払いに成功しました。中国でOEM生産していた際も、問題なく支払いができました。

PayPal登録代行の流れ

  1. まずは資料のご準備(免許証のコピーなど)
  2. お客様から当店へEメールにて登録内容をお知らせください
  3. 当店が登録内容と資料をPayPalへ送信
  4. 本人確認のハガキが約1週間後にPayPalからお客様へ届きます
  5. ハガキに記載の認証コードをお知らせください
  6. 登録完了

登録に必要な情報と資料

  • 代表者の氏名(クレジットカード、銀行口座と同じ名義でなければなりません)
  • 代表者の住所(クレジットカード、銀行口座と同じ名義でなければなりません)
  • 代表者の電話番号
  • Eメールアドレス
  • 生年月日
  • 銀行口座情報
  • クレジットカード情報
  • 免許証の写真またはスキャンデータ(フルカラーで表と裏の二つのファイルが必要です)

登録代行手数料

個人ビジネスアカウント登録:3,000円+消費税

法人ビジネスアカウント登録:10,000円+消費税
法人経営で登録される方は、免許証以外に印鑑証明などの資料が必要となります。
詳しくは https://www.paypal.jp/jp/contents/support/faq/faq-008/ をご覧ください。


その他、ご質問、お問い合わせがありましたらお気軽にご相談ください。

お問い合わせ